シベリアン・ハスキーについて

シベリアンハスキーと一緒に生活するにあたって、必要な知識からこんなことまでというマニアックな知識まで、紹介していきたいと思います。

第一回シベリアン・ハスキー

シベリアンハスキーの概要です。
いろいろなところで紹介されていますが、おさらいを兼ねて紹介させていただきます。

 

原産国 アメリカ
用途  橇犬
歴史
スピッツ族に属する犬種で、北極点をとりまく高緯度の地方にいる俗にいうエスキモー
犬の一種であり、アラスカン・マラミュートやサモエド
と近親関係にあります。非常
古い犬種と思われるが詳しいことは不明です。シベリア北東部のコリマ川流域を中心
とした
地方で生計を営んでいたチュクチ族が飼育していた犬でシベリアン・チュチース
と呼ばれていました。
冬はそりを引く犬、夏はボードを
引く犬として使用され、また狩
りの助手としても活躍していました
。アムンゼンやスコットの南極大陸探検(1911
年)にも使用され、
ピアリーによる北極点探検でも活躍しています。1909年アラスカ
でおこなわれたそりレースに出場するためアラスカにわたり、そこで
の素晴らしい成績
により世界中に知られることになりました。
遠吠えする声がしわがれることからハスキ
ーと命名されました。

特徴
シベリアン・ハスキーは中型の作業犬であり、迅速で足取りは軽く、自由で、優雅な動
きをします。ほどよく引き締まり、十分な毛で覆わ
れたボディ、立ち耳そしてブラシ
であることがこの犬種が北方犬の特質をもつことを示しています。この犬種の特徴的な
歩様は滑なら
かで、無理のない印象を与えます。ハーネスを付けて、本来の役割である
長距離を一定の速度で軽い荷を運ぶときに
、均整のとれた体軀
構成は、パワーとスピー
ド及び耐久力の基本的なバランスを表すものです。牡は力強いが、決して粗野ではな
く、牝は牝らしいが、構成
上弱々しくはありません。
性格
友好的で優しいが、いっぽう用心深く外交的です。警備犬の資質を見せることや、過剰
に見知らぬものを疑ったり、他の犬に攻撃的であったり
することはありません。成犬
おいてはある程度控えめで、気高さもうかがえます。利口で、従順または熱心な性格
は、
好ましい家庭犬及び作業犬となるでしょう。

Siberian Husky’s Kennel Mother Glacier

Mother Glacierは、埼玉県川越市にあるシベリアンハスキー専門のブリーダーです。子犬の出産情報を始め、より良い環境でシベリアンハスキーと暮らすためのご提案をさせていただきます。関東近郊のお客様はもとより、遠方にお住まいのお客様もお気軽にお問い合わせください。ご相談承ります。

犬舎移転しました

かねてより移転作業を行っておりましたが、このほど無事移転作業が終了いたしました。

ハスキ-たちにとって、より良い環境で生活できるものと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

※ホ-ムペ-ジ内の住所は変更済ですので、ご見学の際は、記載住所へお越しください。

 

進行性網膜萎縮症(PRA)の検査について

犬舎の取り組み


進行性網膜萎縮症と一口に言っても、犬種によって原因となる遺伝子が異なります。シベリアンハスキ-においては、PRGR遺伝子の変異が原因とされ、”X連鎖性進行性網膜萎縮1(XLPRA1)”と分類されています。現在までに有効な治療法は確立されておらず、予防法もありません。犬舎として次世代に遺伝子を引き継がせない為、交配時には必ず親(両親)となるシベリアンハスキ-について検査を行い、問題のない事を確認しています。

進行性網膜萎縮症とは

進行性網膜萎縮の初期症状は、暗いところ(夕暮れや夜間)で目が見えにくくなります。これは徐々に進行し、最終的には失明してしまいます。しかし、視覚(視力)の低下は、徐々に進行するため、見えないことに順応し、飼い主がなかなか気づかないこともよくあります。また、二次的に白内障を併発することがあります。犬種や進行性網膜萎縮の種類によって進行の速さや発症の時期は異なり、比較的若いうちに盲目となることもあれば、中年齢まである程度の視覚を維持することもあります。
シベリアンハスキ-においては、X性染色体伴性不完全優性とされ、さらに変異の仕方によっていくつかのタイプに分類し、その中のタイプ1にあたります。X連鎖性進行性網膜萎縮1(XLPRA1)といいます。

X連鎖性進行性網膜萎縮1(XLPRA1)

遅発性のPRA。XLPRA1タイプはXLPRA2タイプより比較的症状が軽度とされていますが、約3-5歳で発症、その後重症化すると網膜変性が進行します。雌犬では、キャリアの場合も症状を示します。これは個々の細胞が、メスのもつX性染色体の2本のうち、1本だけをえらんで使う為です。つまり、変異遺伝子を含む染色体を選んで使用する視細胞は侵されます。結果的に、部分的な網膜の変性が認められるようになります。

 

検査機関

国内・国外いくつかの検査機関があります。
ご自身の飼い犬を検査したい場合、遺伝子検査は、犬種・調べたい病気の種類等によって検査機関が異なる場合がありますので、しっかりと調べてから行ってください。また、かかりつけの獣医師にご相談されるのも良いと思います。
下記にいくつかリンクを貼ります。ご参考にしてください。
国内
株式会社 VEQTA
国外
オリベット・ジェネティク・ペットケアー
OPTIGEN

股関節形成不全症(Elbow dysplasia,ED)の検査について

犬舎の取り組み


当犬舎では交配をするにあたり、日本動物遺伝病ネットワーク(JAHD Network)において、親(両親)となるハスキ-の股関節形成不全症の評価をし、問題の無い事を確認しています。これは股関節形成不全症が遺伝性疾患であり、その仔に疾患の発症がなくても遺伝性の素因を持っていて、子孫への疾患の運び屋になってしまうことがあるため、素因を持つものも交配させる際に除外していかないと遺伝性疾患を減らしていくのが困難なため行っています。

股関節形成不全症とは

肘関節形成不全は大型犬種あるいは超大型犬種での前肢跛行の原因となる遺伝性整形外科疾患です。急速に成長する時期の子犬で跛行を起すことがあります。また、発症が最も起こりやすいのは5〜9ヵ月齢前後です。そのため、その時期の前肢の跛行には要注意です。EDは結果として二次性の肘関節の関節炎に進行し、成犬時に重度の跛行の原因となります。

JAHD Networkについて

日本動物遺伝病ネットワーク(JAHD Network)は、獣医師によって設立された動物の遺伝性疾患の診断、データベース構築を柱に、遺伝性疾患に関する科学的な研究、情報提供などを行っていく団体です。詳しく知りたい方は、下記リンクよりどうぞ。

日本動物遺伝病ネットワ-ク(JAHD network)

犬舎移転中


ホ-ムペ-ジを、新しくしている最中ですが、実は、犬舎自体も移転中です。
(同じ町内なのですが)
現在、移転作業はほぼ終了しておりますが、一部終了しておりません。
終了次第、ホ-ムペ-ジ上の住所を変更いたしますが、見学希望の方は、必ず事前に犬舎の住所を確認してください。